HOME

腸内環境が悪いとは?

「健康・美肌」腸内環境を整えて健康と美肌を手に入れる

本来、ウンチとして排出されるものが、小麦粉を含んだ食品を食べることによって、腸内に張り付いて固まってしまい、感染症、アレルギー、花粉症などの病気の原因となります。小麦粉(グルテン、遺伝子組み換え)加工食品、添加物が小腸の環境を破壊します。

便秘症とは?

健康なうんちの形

1日2、3回食事を食べていたら、2~3回便が出るのが普通。また、量はバナナ2本分が通常です。出てなければ善玉菌が少ない証拠です。

生命の根源

消化・吸収・合成・排泄・解毒・免疫・浄血

免疫系、内分泌系、神経系の全てに関わっています。

腸の不調から起こる病気

腸の不調から起こる病気

乳酸菌摂取による生活習慣病予防と改善

イ)がんの予防
ロ)高血圧症の改善
ハ)肝機能の改善
二)アレルギー症状(花粉症、アトピー性皮膚炎等)の改善
ホ)糖尿病の改善
へ)ウイルス(インフルエンザ、ロタ)感染の予防
ト)潰瘍性大腸炎の改善
チ)ストレスの軽減、睡眠の質の向上(交感神経が作り出す)

ビタミン・ミネラルの合成

ビタミン、ミネラルの合成

健康と美肌を手に入れるには?

健康と美容

肌年齢=腸年齢と言われていますので、腸内を綺麗にし、1日1兆個の乳酸菌を摂取することによって、美肌になり、ダイエットにもなり、病気の予防になり、感染症、花粉症などのアレルギーも改善され、健康が目指せます。

乳酸菌とは?

乳酸菌とは?

ヨーグルトは、乳脂肪で太りやすく、日本人の乳糖を代謝しずらいので結果、血糖値も上がりやすくなります

炭水化物を発酵して、生産する酸の50%以上が乳酸である菌群通性嫌気性菌(つうせいけんきせいきん)で、体内では主に小腸(酸素がある)に生息します。

乳酸菌は、自分にあった菌が入っているものを見つける必要があります。食事だと1日2000カロリーなど決まっていますが、乳酸菌は1日1兆個の菌を毎日摂取する必要があります。ヨーグルトの場合は、1日1リットル飲まなければなりませんし、生きた菌で熱に弱いため、腸に届く前に菌が死んでしまいます。

乳酸菌生産物質とは?

ピュアラクト

「乳酸菌生産物質」は、熱に強く腸まで届き、1㏄当り、1兆個の菌が入っていて、自分の腸内にいる善玉菌のエサになって、細胞分裂によって増えていってくれるので、菌が合わないというのが無いのが特徴です。更に、直接体の各機能に働きかけます。乳酸菌の代謝産物が入っている事によって即効性があります。また、食品から作られているため安全です。

腸内フローラアドバイザー

腸の基本を学び、食べたほうが良いもの、控えた方が良い食べ物など、「アレルギー、感染症など」を改善しながら、美肌になれる方法を無料で学ぶことができます。(43ページ)

 

アドバイザーの紹介

花岸 愛夢(はなぎし あむ)

1982年東京生まれ。A型。

20歳の頃から、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を何度も経験し、27歳から金属アレルギー、日光アレルギーにもなり、2年前に、謎の体調不良から1週間苦しみ、生命の危機を感じていた時に、知り合った方が「腸内フローラアドバイザー」の方でした。

お話を伺ったところ、「腸内環境の悪さ」だということを知り、「生活習慣と食事」も原因だということを知り、

現在は、十二指腸潰瘍、金属アレルギー、日光アレルギーも改善され、お肌もキレイになり、肌も白くなりました。

私のように体調不良で困っている方に、お伝えしたいと思い「腸内フローラアドバイザー」の資格を取得し、情報発信をしております。

腸内フローラアドバイザー
アプリで加工してますが、ファンデーション塗ってません。

Instagram

ビフォーアフター

ビフォーアフター